column

コラム

2018/12/01

パワハラ対策 義務化を検討

厚生労働省は、企業にパワハラ防止措置を初めて法律で義務付ける方針を打ち出しました。相談窓口の設置や発生後の再発防止策を企業に求めます。

企業への罰則は設けない方向ですが、悪質な企業は公表し、抑止効果を高めることを検討しています。

また企業に法律で求める具体的な内容をしては、パワハラ防止措置を義務付けたうえで、働き手の相談に乗る社内の窓口を設けたり、事実関係をすみやかに調査・確認したりすることを想定します。パワハラ加害者の処分といった適切な人事措置を求める事も検討しています。

同じハラスメントでもセクハラやマタハラは企業に防止措置が課せられていますが、パワハラはまだ企業の法的な義務がありません。海外ではフランスやスウェーデン、ベルギーがパワハラ防止措置を企業に義務付けられているとの事です。

弊社ではハラスメントアンケート調査を実施したり、ハラスメント研修を行なっておりますが、パワハラをしている当事者の意識を徹底的に変えないと、パワハラはなくなりません。

職場の雰囲気を良くし、働く人達の心が健康でいられるよう、ハラスメントのない企業風土作りのお手伝いをしたいと思っています。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

CONTACT

新入社員研修から管理職研修、メンタルヘルス・ハラスメント研修などの「企業研修」、有料無料の「セミナー」、いつでもどこでも受講できる「オンライン動画研修」、「人事コンサルティング(人事評価・目標管理・研修体系・調査分析など)」や「人材紹介」、「相談窓口」などお任せください!

株式会社Beスタッフィング

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅二丁目36番10号
松岡第2ビル7階

TEL .052-533-3539

FAX .052-562-2202

お問い合わせはこちら